» 2013 » 6月のブログ記事

私が、抜け毛対策のために普段から心がけていることといえば、それはストレスをなるべく溜めないようにすることに他なりません。
と言っても、今の時代どうしても人間関係や仕事のことなど、ストレスは溜まりやすい状況になっていて、意識的にストレス解消をしない限り、どんどん胸の内にモヤモヤが溜まっていってしまいます。
ですので、私は夜になるとなるべくお香をたいて、その香りを感じることでストレス解消をしています。
私は、昔からこういった和のものが好きですので、数年前からお香にハマっています。
お香をたいてリラックスしていると、その日あった嫌なことも自然と洗い流されていき、ストレスの解消に役立っています。
こうして、ストレスをためないことが抜け毛対策になると考えていますので、これからもお香を続けていきたいと思っています。

育毛剤というものですが、たんに使っているだけよりも他の行動をプラスすることがお勧めになります。
育毛剤には確かに育毛効果というものが期待できます。
しかし、その効果というものが限定されてしまっていることも多いです。
積極的に効果を高めるための方法を考えましょう。
その一つに運動というものがあります。
運動には様々な育毛効果があるとされます。
例えば運動には血行を良くするというものがあります。
血行が良くなれば、髪の毛が生えやすい環境が提供されるという事につながるわけです。
血行が悪いと感じたら運動をしましょう。
さらに、運動にはストレス解消効果もあります。
薄毛の原因にストレスというものがあるケースも増えています。
ストレスがあると思いましたら、育毛剤の利用とともに運動をしましょう。

私が育毛しようと思ったきっかけは、妻や子供に「頭のてっぺんがけっこうきてるよ」と言われてことでした。
父が、早くから髪が薄かったのは写真などでも見ていたので知っていました。髪の毛も遺伝するという記事を以前みたことがあったので、
これはヤバイのではないかと思いました。そこで、どんなものがいいのかインターネットで調べることにしました。
一番に調べたのが、食べ物のことでした。わかめを始め海藻類がいいことは知っていましたが、豆類やナッツ類は初めて知りました。
それからは、たくさん食事に取り入れるようにしています。
また、友人に亜鉛とビタミンCのサプリを摂取すると髪の毛にいいと聞きさっそく買いに行って飲み始めています。

髪の毛を伸ばしていたとき、長い髪の毛のケアをするのが面倒になりました。
シャンプーとコンディショナーは2~3日に一回にし、
当時は忙しかったので、毎回ほとんど乾かすことなく眠ってしまいました。
生乾きのままで1時間ほど過ごしてから寝ていたのだと思います。
そのせいか、抜け毛がひどくなりました。
髪をとかす度に毛が抜けていき、シャンプーやコンディショナーを流すときにも
髪の毛がどんどん抜けていったのを覚えています。
これといった原因が思いつかなかったので、
もしかしてと思い髪の毛のケアを変えました。
毎日しっかりとシャンプーとコンディショナーをし、
きちんとドライヤーで乾かすようにしました。
すると、抜け毛が一気に改善したので、
髪の毛のケアは大切だと痛感しました。

育毛しようと思ったら、まずは育毛シャンプーを使って、頭皮の健康を取り戻す事から始めるべきです。
しかし、育毛シャンプーの使用感は、泡立ちが少なくて、洗い上がりがさっぱりしないという事も多く言われています。
合成シャンプーは、泡立ちが良いのが特徴なので、育毛シャンプーに変えると物足りなさを感じるのです。
しかし、育毛シャンプーの多くは、余分な皮脂を落とす事に重点を置いているので、泡立たなくても心配いりません。
必要な皮脂を残しているので、さっぱりした感じがないだけなのです。
使い始めは違和感があっても、使い続けていくうちに効果が実感出来るでしょう。
まずは継続して使わなければ、効果は期待出来ないので、髪質が変わってくるまで我慢してみる事が大切です。